はだねこ cafe

VOL
01
2017.04.01

奇跡のような巡り合わせ

フレンチブルドックの小春ちゃん

第1回目のゲストさんはフレンチブルドックの小春ちゃん

 

飼い主さまからいただきました愛情のギュッと詰まったお話をご紹介いたします。

 

我が家の愛犬、9歳のフレンチブルドッグの小春はマイペースなのんびりやさんで食べる事と日向ぼっこが大好きです。

 

そんな小春ですが実は子供の頃から耳が聞こえません。

 

その事がわかった時に購入したお店で「他の仔犬とお取り換えしましょうか」

と言われましたが、すっかりうちの子になっていた小春を手放す事は考えもしませんでした。

 

 

そしてその事がきっかけになり、障害があったりペットショップで売れ残ったりした動物達には非常に過酷な状況が待ちうけている場合が多々ある事を知り、大きなショックを受けるとともに、少しでも身近な動物達を助ける活動がしたいと考えるようになりました。

 

そして動物の命より利益が優先される裏事情を知った今ではペットショップで動物を買おうとは思いません。

 

 

 

 

 

 

耳が聞こえない事は障害かもしれませんが、掃除機も雷もこわがらず、すやすや眠っている小春の姿を見ていると長所でもあるのかもしれないと思えます。
このままのこの子がとても愛しいです。

 

年齢とともに大人しくなり、寝ている時間が長くなってきましたが一緒にお昼寝をするときの幸福感は格別です。

 

これからもできるだけ長く一緒にいられるように、充分に健康に気を配ってあげたいと思っています。

関連記事